記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

お母さん向け

衛生士真知子の食育手記:第5談 (好き嫌いを持たない子に育てる為の対策)

画像1

皆様、こんにちは!!


保土ヶ谷区新桜ヶ丘にある
エミデンタルクリニック
衛生士マチコです。


今回は娘の2~3歳の頃の
食育の記録を書きますね。


ずばりテーマは
子供の好き嫌いについて
です。


歯の健康は勿論ですが
娘はアトピー性皮膚炎だったこともあり、


私は娘に与える食べ物には
とても気を付けていました。


連載の初回でも書きましたが
なるべく薄味にして、
単品の味を知ってもらうべく、


ゆでたブロッコリーやオクラに
少し塩を振ったものを
食べさせていました。


また、キャベツやピーマンなどは
野菜かごに入っているものを
引っ張り出してかじったり、


葉をはがしたり
種を飛ばし壁に擦り付けたりしながら
生のまま食べていました。(動物みたいですね)


そんなとてもやんちゃなことを
する娘でした(笑)


食べ物を粗末に扱うなんて・・・!
と眉をひそめられる方も
おられると思いますが


私は「野菜という、
自然のものに触れ合い、
遊ばせながら食べてみる=食育

と考えていたので


少し部屋が汚れても
大目に見ていました(^~^;)


そんなことをしていた為か
多くの子供も嫌いな


ニンジンやピーマンも
何ともなく食べていました^^♪



また、にぼしをおやつに与えていた為か
娘は魚も大好きになり


2歳の頃には
手で上手に骨をつかみ取り、
小骨をペッと出しながら食べておりました。

その為かどうかわかりませんが、
骨密度も高く、健康優良児になりました。


そして、娘は今でも
家族の中で魚を食べるのは 1番上手です(笑)


子供には好き嫌いなく
色々なものを食べる子に
なって欲しいものですよね。


その様な方は
是非こういった方法をお試し下さい^^
 

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック