記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

お母さん向け

大切な6歳臼歯

皆様こんにちは!

保土ヶ谷区新桜ヶ丘エミデンタルクリニック 花城です!
今日は6歳臼歯についてお話をしたいと思います。

6歳臼歯は6歳の頃に生える奥歯の永久歯のことです。

親御さんの中には乳歯は虫歯になってしまったけれど、大人の歯は虫歯になって欲しくない!と考えている方も多いと思います。

6歳臼歯は大人な歯の中で一番最初に出てくると言われています。(うちの子は前歯が最初の永久歯でしたので、人それぞれ個人差があります!)
永久歯の中で一番大きい歯なので、強い力で噛んだりすり潰す働きの他にも、他の永久歯が生えてくる基準となる歯なのでとても大切な永久歯と言えます。

永久歯と言ったら乳歯がグラグラになって生え変わる!と思われがちですが6歳臼歯は例外で歯茎を突き破って筍の様に生えてきます。

ですので、毎日お母さんが仕上げ磨きをしていたのに気づかないうちに生えていた!なんてこともあるのです。仕上げ磨きの時に奥の歯茎の所もチェックしてあげましょう!

6歳臼歯は一番虫歯になりやすい歯だと言われています。
なぜなら、生え始めから完全に生えるまで1年ほどかかること。
歯茎を突き破って出てくるので、一部分歯茎がかぶさったまま長くとどまりプラーク(汚れ)が付きやすいこと。
前の乳歯に邪魔をされブラッシングが一番難しいこと。
生え始めはエナメル質が柔らかいので虫歯になりやすいこと。

大切な6歳臼歯を虫歯にしないためにはどうしたらいいでしょうか?

歯茎から歯の頭が出てきたら予防の始まりです!
ブラッシングは前から普通に磨いても生え始めた6歳臼歯には、前の乳歯が邪魔をしてしまい毛先が当たりません!
ですので、歯ブラシを横から突っ込んで毛先を使って磨きましょう。横から磨く事で前の乳歯に邪魔をされず毛先が当たってきます。生え始めの時は歯茎が被っていますので優しく毛先を当てましょう。

6歳臼歯は歯の溝が深いのでうまくブラッシングをしていても、深い溝についた汚れはなかなか取れません。6歳臼歯の頭が生えてきたらシーラントをしてもらいましょう。

6歳臼歯を虫歯にしないためには、ブラッシング.仕上げ磨き.予防処置(シーラント、フッ素塗布)が大切です。

定期的に歯医者にかかり、検診歯ブラシ指導などを受けましょう。わからない事があれば気軽にお尋ね下さいね^_^

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック