記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

お母さん向け

妊婦さんの歯周病とむし歯

皆様こんにちは!!今回は前回に引き続き妊婦さんのお口の中の続編となります。

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増える為に歯周病菌が約5倍に増えると言われています。その為、妊婦さんは歯周病に罹りやすくなります。お口の中に留まらず歯周病菌や細菌が原因の炎症物質が血液を介して子宮を収縮させ早産を招くことが明らかになっております。

妊婦さんの殆どは初期から中程度の歯周病になりやすいです。歯肉からも出血は気になるものの、痛みは伴わず生活には困らない程度ですので、妊娠中に治療・予防が大切です。

赤ちゃんは産まれて来る時にはむし歯菌を持っていません。ほとんどのお様は離乳食時期にお母さんや周りの大人から感染します。感染時期が遅い程、子供のむし歯リスクは低くなります。

むし歯を経験している方(ほとんどの大人の皆様はそうですね)は皆むし歯菌に感染しています。この菌は歯が生えてからしか感染しません。

離乳食をあげる時にフーフーと冷ましてあげたり、同じお箸であえたり、同じコップでものを飲ませたり、こういう事から子供に感染していきます。お母様1人ではなく、お父様、おばあちゃん等の協力が欠かせません。(口移しはやめて、とお声掛け頂く 等)そしてお子様の周囲の大人の皆様はお口を清潔に保つ様に常に心がけましょう。

繰り返しになりますが、妊娠中でも治療できますよ。初産の方は特にですが、怖がらず、まずはご相談下さいね^^

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック