記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

お母さん向け

乳歯の虫歯について

皆様、こんにちは。寒い日が続きますね。

お子様は特に風邪やインフルエンザに罹りやすいと思います。お子様だけでなく大人の方も十分に健康にお気を付け下さいね^^

 

さて、今回のテーマは「乳歯の虫歯について」です。

乳歯は一般的に歯の質が軟らかく虫歯が進行しやすい上、歯の溝が深く、歯の間に食べかすが挟まりやすい為放っておくと虫歯でない箇所も虫歯になりやすくなってしまいます。

乳歯の虫歯は実は後から生えてくる永久歯(大人の歯)に大きな影響をもたらします。

乳歯はいっぺんではなく、順番に生え変わります。

もし虫歯が残っていて病原菌が残っているお口の中に未成熟で若い永久歯が生えてきたらどうなるでしょうか?

乳歯の虫歯はこの様な場合、永久歯の成長の邪魔をしてしまうことがあるのです。乳歯のすぐ下では次に生える永久歯が作られます。

乳歯の根っこまで虫歯が広がるとまだ未熟な永久歯にダメージを与えてしまいます。例えば、歯の形が正常に育たなかったり、エナメル質が十分に育たないこともあります。

また、将来の歯並びにも影響が出てきます、というのも、永久歯が生える位置のガイド役も乳歯は担っているからです。

この様に、乳歯の役割はとても大きいです。「乳歯を大事にしなくても、後から出てくる永久歯だけをそのときケアしていればいいのだ」という考えはちょっと危ないです。

小さなお子様でも虫歯の治療については早めにされることをお勧めいたします。虫歯が小さけれが軽い治療で済みます。

ごく小さい虫歯であれば、削らず定期的にフッ素や虫歯の進行を止めるお薬を塗布すれば、永久歯に生え変わるまで治療せずにうまく保てることも多々あります。

上手にお子様のお口の管理をし、乳歯の頃から予防の為の受診をしていきましょう!!検診のご予約いつでもお待ちしております!

 

 

 

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック