記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

医院ニュース・ブログ

子どもも歯周病にかかる?

こんにちは、エミデンタルクリニック花城です。


大人がかかるものだと思われがちな歯の病気
『歯周病』
実は、子供も歯周病になるんです。


最近では、小学生中学生に
歯周病が増加しています。



厚生労働省の調べでは、
小、中学生の【4割】に歯周病の初期症状である
歯周炎が確認されています。
さらに4人に1人は歯石沈着しています。

 

歯周炎が進行すると、歯を支えている骨が溶け、
しまいには抜けてしまう怖い病気です。


また、心筋梗塞や糖尿病、他の身体の病気にも
関連がある事が分かってきました。


歯周炎にさせない為には・・・?


歯周病菌のエサである「プラーク(歯垢)」を取り除いて、
歯周病菌の数を増やさない事が一番です!


プラーク(歯垢)を正しく取り除く為には、
【正しいブラッシング】が大切です。そのためには…
 


1、定期的に保護者の方がチェックしてあげること

2.歯科医でのプロフェッショナルケア(クリーニング)

3.歯科医での歯ブラシ指導



この3つがお子様から歯周病を守るのに大切な事です。


歯磨きがまだ上手くないお子様は、
自分流に磨いてしまいます


自分流に磨くとどうしても磨き残しが出てしまい
虫歯や歯周病に繋がってきます。


小学校二年生ぐらいまでは、
仕上げ磨きやチェックをして定期的に歯ブラシ指導をうけ
自分で綺麗に磨けるように練習が必要です!


もし、歯周炎と診断されたら…ケアしていきましょう!
お家でのケアは簡単です。
 

1.正しいブラッシングで磨いてあげる事。

2.甘いものを減らす事。


炎症が起きて腫れている歯茎は、触ると血が出ます。
炎症により、うっ血しているからです。


血が出ると、歯ブラシを当てなくなり、
症状がますます悪化していきます。


歯と歯茎の境目を、優しくブラッシングしてあげて下さい。
血が出ますが1週間程で落ち着いてきます。
 

甘いものに含まれる糖分は、
歯茎の炎症の治りを悪くします。少し控えてみましょう。


子供の歯周炎は、重篤にはならず改善しやすいです。
歯周炎と診断されても、しっかりとケアをしてあげれば
心配いりません。ですが、放って置くと将来
歯周病が進む恐れがあります。


定期的なプロフェッショナルケアとホームケアで、
お子様の虫歯だけでなく歯茎の健康も守りましょう!

 

エミデンタルクリニックでもケアをしていますので
是非お越し下さい^^

 

画像4

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック