記事詳細|保土ヶ谷の歯医者「エミデンタルクリニック」【予防・無痛治療】

エミデンタルクリニックの最新記事詳細

お母さん向け

子供の歯科予防について

~私の姪っ子が1歳半でいやいや期真只中で、なかなか歯磨きの仕上げをママにさせてくれないそうです。ちょうどおやつをあげ始めたり、ジュースを飲ませたりと虫歯ができ易い環境になり勝ちですね。

息子もいやいや期の頃は、自分では歯磨きするけど、私には口の中を触らせてくれませんでした・・・とはいっても、現在はそんなこともなく、いやいや期が過ぎお子さんが成長すると素直にお口の中を開けてくれるようになるので、焦らず仕上げ磨きの習慣をつけていくことが大切です。

歯が生え始める時期から歯茎をマッサージしたり、親御さん自ら歯磨きをしているところをお子さんに見せたりすると歯磨きに抵抗がなくなり、よってお口の中を親御さんに見せてくれる様になるそうです。

お子さんが嫌がらない歯の仕上げ磨きのコツは、ずばり
「ママとの歯磨きは楽しいな~とお子さんに思わせる様な雰囲気作り」です。
うちでは自作の歯磨きソングとぬいぐるみを使って息子と一緒に楽しく仕上げ磨きをしていました。

特に小さいお子さんは上唇の真ん中の筋肉がまだありますので、そこを歯ブラシでゴシゴシと磨くと、「痛いから嫌!」なんて言われてしまうので、そこに歯ブラシが当たらない様に優しく磨いて下さいね。

また、おやつの与え方にもポイントがあります。
虫歯になりにくくするには、おやつの量と時間を決めておくといいです。
お口の中がいつも食べ物が入っている状態だと虫歯になりやすくなってしまいます。
ついつい、欲しがるからあげてしまう、寝る前なのにお菓子をあげちゃった・・・なんてこと、ありますよね。
しかし、そこはお母さんの我慢のしどころです。

また、飴やラムネなどお砂糖でできているもの、ジュースやスポーツドリンクなどの酸性の飲み物は虫歯になりやすいです。
あげないというのは難しいので、ポイントとして、おやつと飲み物のバランスを取りましょう。甘い食べ物のときにはお茶に、ジュースを飲むならたこ焼き等お砂糖の少ない甘くないおやつをあげる、という様に。
最後、一番大切なのは健康全てに直結することですが、「規則正しい生活」です。
早寝早起きし、ご飯を良く噛んで食べるのも大事な虫歯予防です。
良い生活習慣を持つ子は虫歯が少ないというデータがあります。

当院でも予防として歯磨き練習とフッ素を定期的に塗っているお子様の患者様もいらっしゃいますので、まだお試しになっていないお子様もお気軽にお問い合わせ下さい^^

 

 

 

 

一覧に戻る

神奈川県横浜市|診療予約|エミデンタルクリニック